Skip to main content
Commercial Vehicles

2030年には、ヨーロッパでは4万5000台以上の大型トラックが水素で走行

Interact Analysisによって発表された最新の調査によると、2030年には大型トラックが輸送用途における水素の最も一般的なアプリケーションになると予想されます。今後10年間は中国が市場をリードし、ヨーロッパでも急速に普及が進むと予想されます。水素大型トラックの市場は中国に比べればかなり小さいものの、ヨーロッパは他の地域と比べるとかなり先行しています。我々の調査では、2030年までに累計4万5000台の大型水素トラックがヨーロッパで導入される予想です。 2030年までに45,000台の大型水素トラックがヨーロッパに配備される予定 電動化が難しい大型トラックを脱炭素化するメリットが、水素を商用輸送分野において実行可能な燃料にするのです。しかしながら、高いライフタイムコストと限られた水素の供給力(特にグリーン水素)が、依然として課題となります。ヨーロッパの大型商用車市場における新たな水素ソリューションは政府のインセンティブに依存しており、運行している水素商用車の大部分を都市バスが占め、またトラックの成長スピードも遅いです。 ゴミ収集車が水素車の導入を推進 ヨーロッパではごみ収集車から開始され、トラックでの燃料電池技術の実証が行われています。Interact Analysis によると、現在ヨーロッパで走行している水素の中型および大型トラックの約25%は、都市のごみ収集に使用されています。EUが資金提供を行っている実証プロジェクトが、導入を後押ししています: REVIVE プロジェクトは、燃料電池パワートレインを15台のごみ収集車に搭載し、ヨーロッパの8つのサイトに展開することを目指しています。このプロジェクトはEUから資金提供を受け、2024年まで行われます。導入された車両のほとんどは、少なくとも5年は稼働する予定です。 HECTOR プロジェクトは、7つのパイロット都市に水素燃料電池を搭載したゴミ収集車を7台配備し、テストを行う予定です。2019年に開始され2020年に最初の車両がドイツに納車されたこの計画に、EUは560万ユーロの資金を提供しています。 ドイツでは、政府が2017年から2021年の間に3億5,400万ユーロを投資して水素と燃料電池の市場活性化の支援しており、そのうちの30%は、146台の燃料電池ごみ収集車と22台の路面清掃車を購入するプロジェクトに投資されました。興味深いことに、中国でも現在、多くの水素トラックが路面清掃やごみ収集に使用されています。公共分野は、この新興ではあるがコストのかかる技術をより受け入れているように見受けられ、これは予算上の懸念とポジティブな宣伝のバランスがとれている地方自治体によって推進されているものと思われます。 Hyundaiのヨーロッパでの燃料電池トラック展開の成功  ヨーロッパのOEMよりも先に、Hyundaiによってヨーロッパにおける燃料電池大型トラックの最初の大きな商業的ステップが踏み出されました。スイスにおける野心的な計画の第一段階として、Hyundaiは2020年にヨーロッパ初の商業用燃料電池トラックを納車しました。2021年までに、Hyundaiの活動により水素トラックとしては今までで最多となる約50台のトラックを納車しました。この数は、韓国で運用されている水素トラックの数よりも多くなります。2021年末時点で、韓国で納車された水素トラックは5台のみになります。…
Theresa Haworth
4 September 2023